Blogブログ

ブログページです。

【ラミチェ美容外科】眠そうな目は目つき矯正でパッチリ目に☆*

 

・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚

ラミチェ美容外科
×
目つき矯正

 

・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚

こんにちは

皆さん、目つき矯正眼瞼下垂という言葉を聞いたことはあるでしょうか

あまり馴染みがなく、なんのことかよくわからないという方も多いと思いますが、
自分では気づいていなくても、実は眼瞼下垂が原因で、
目が小さく見えてしまっている、眠そうな目に見えるという方が沢山いらっしゃいます

今日は、眼瞼下垂のせいで眠そうに見えてしまう目も改善できる
ラミチェ美容外科目つき矯正手術についてご紹介いたします

あなたの目が小さく見える原因かも!眼瞼下垂症とは?

眼瞼下垂とはまぶたを開ける筋肉が弱く、まぶたが下がり、黒目にかぶさる状態を言います
まぶたが重く見えたり、眠そうな表情になり、まぶたが黒目にかかることで視界が狭くなります
眼瞼下垂の方の特徴として特に多いのは、目を開ける筋肉が弱いため、
額の筋肉を使って目を開けてしまうことです
これによって額のしわも格段に増えてしまいます

ラミチェ美容外科の目つき矯正

目つき矯正とは、眠たそうに見える目の筋肉をしっかり繋ぎあわせ
額に力を入れなくても、目をぱっちり開けられるように矯正する手術です
皮膚が厚かったり脂肪が多い場合、まぶたのたるみがひどい方にお勧めの手術となっています

たるみが多い目やまぶたの脂肪が多く皮膚が厚い場合は切開目つき矯正が必要です

脂肪があまりない目やたるみもひどくない場合は非切開目つき矯正が可能です

こんな方にオススメ

眼瞼下垂がひどく、黒目の見える範囲が狭い場合
目の左右差を矯正したい場合
瞼がたるんでいる場合
二重手術を受けても目が重く見える場合
眠たそうな目の場合

目つき矯正の手術方法


①切開目つき矯正

皮膚組織を切開後、目を開ける筋肉の上眼瞼挙筋の力を強化させ
鮮明でパッチリとした目元を作ることが可能な手術です
上眼瞼挙筋短縮させる方法として筋肉の中間の一部を切り取り縫合
もしくは筋肉の間を縫合します
<手術前>


皮膚を切開します


目を開ける筋肉を矯正します


<手術後>

瞼が持ち上がって、黒目の見える範囲が広くなりました

②非切開目つき矯正

目を開ける筋肉を切開せずに調節し、腫れとあざ傷跡を最小化できるため、負担が少なく回復が早いです
切開せずに糸を使用し筋肉の真中を結び瞼板に繋げ筋肉の長さを縮め
ナチュラルでスッキリした目元に仕上がります
<手術前>


デザイン後に微細な穴をあけます


筋肉と皮膚を繋げます


<手術後>

切開眼瞼下垂、非切開眼瞼下垂どちらが合っているかは
眼瞼下垂の度合も影響してくるため、医師の診察を受けることをお勧めいたします

目つき矯正で得られる効果

目を開ける力の改善
ナチュラルでパッチリとした目元
楽な印象で額のしわ予防
ほどける心配のないしっかりとした矯正

眼瞼下垂をしっかり矯正すると鮮明のスッキリした目元に変身できます

<Befor & After>

ラミチェ美容外科

2016年 ラミチェ美容外科ブランド1位

2017年 韓国消費者満足度/美容整形ブランド1位

2年連続1位を獲得している韓国人も多く訪れる
信頼されている美容外科です

是非お気軽にお問合せくださいませ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事