Blogブログ

ブログページです。

【ラミチェ美容外科】透き通るようなお肌に♡”水光注射

 こんにちは

本日は、簡単な施術で見違えるお肌

ラミチェ美容外科の『水光注射

ご紹介致します

お肌の再生方法をお探しの方

必見ですよ~

💎水光注射とは?💎

高濃度のヒアルロン酸を皮膚に直接注入

真皮内繊維芽細胞の活性化させることにより

コラーゲンエラスチンヒアルロン酸

生成を促進させます

加齢によって減少してしまったヒアルロン酸の濃度を

適正レベルに引き上げることで

人体の防護機能を強化させ、細胞機能も向上させて

お肌を活性化させます

ラミチェ美容外科水光注射

薄いニードルを使って施術を行うので

負担なく、我慢できる程度の痛みで済みます

また、1~3ヶ月間隔で施術を行う事で

保湿・美白・弾力はもちろん

顔のしわ・首のしわ・手の甲のしわ

にまで効果が得られます

💎こんな方におすすめ💎

🟣乾燥して化粧のノリが悪い

🟣季節の変わり目に肌の乾燥を感じる方

🟣肌の弾力が落ちて垂れてしまっている

🟣明るくて綺麗な肌トーンを希望の方

🟣首、顔、目、額などの小じわが気になる

💎おすすめの理由💎

🧡お肌の水分を水光注射で補う理由

ほとんどの方は

お肌の保湿と再生のために

化粧品や薬品に頼っておられると思います

しかし、即効性はほとんどございません

水光注射では、お肌の真皮層へ直接

水分と栄養を供給するので

即効的な効果が期待できます

 

🧡ヒアルロン酸とは?

お肌の水分維持のために最も重要な役割を果たす

人体構成物質なんです

水分維持能力を向上させ、損失を防ぎ

お肌をしっとりさせ弾力までも与える役割をしてくれます

💎ラミチェ流!水光注射💎

ラミチェ美容外科水光注射では

ダーマシャインという、マルチ注射を利用して

お肌の真皮層に直接注入することで

ナチュラルなリフトアップと同時に

お肌の弾力、しわ、美白など

ヒアルロン酸による水分によって

お肌に栄養を供給し

コラーゲン形成を促進をさせます

💎施術方法💎

ダーマシャインの滅菌注射針は

上から圧力で注射するのではなく

圧力感知自動システム

お肌を吸い込みながら

注射を真皮層に注入するので

痛みを抑えることが可能です

💎施術概要💎

🔵手術時間:10~20分

🔵麻酔方法:麻酔クリーム

🔵入院の有無:なし

🔵来院治療回数:1回

🔵ダウンタイム:なし

💎水光注射の効果💎

人体構成物質のヒアルロン酸を

お肌に直接供給することで

乾燥やしわ、お肌の弾力の改善に

それだけではなく、継続して施術することで

お顔のボリューム感とツヤが生まれ

若返り効果とお肌のトーンアップ効果もございます

注射での施術ですので、傷跡はほとんど残らず

短い施術期間すぐに日常生活が可能なのも

うれしいポイントですね

そんなラミチェ美容外科の『水光注射

たくさんのお問い合わせお待ちしております

韓国美容整形のお得な情報配信してます

関連記事
【ジュエンクリニック】リジュランヒーラーで芸能人のお肌をのお肌を
【NANA美容外科】ホワイトニングプログラム
【ドリーム整形外科】ENL輪郭注射☆
【NANA美容外科】BTX注射☆
【ウォンジン整形外科】スキンソリューション
【ラミチェ美容外科】病院紹介

 

江南ビューティーラウンジについて

弊社では
現地ソウルに在留する日本人スタッフが
皆様の韓国美容に関する
様々なお手伝いをさせて頂きます

病院の紹介、案内、
日本での韓国の病院のカウンセリング会の企画
韓国の病院のコンサルティング
マーケティング業務などを行なっています

弊社では高い韓国の美容技術を
日本のお客様に安心してご利用いただくための
サポートやアドバイスをさせて頂いております

「初めての海外で心配」
「言葉の問題が心配」
「外国人慣れしてないので心配」
「病院の情報がなくて心配」

そのようなお悩みを解決するために
我々の日本人スタッフが駐在しております

江南BLでは
韓国保健福祉部
外国人患者誘致医療機関の認定を受けております

ご質問のある方
LINE@、Mailなどお気軽にお問い合わせください

LINE@:@gb-lounge
↑↑↑↑
「江南ビューティーラウンジ LINE@」
だけのスペシャルな情報も毎月配信されています
是非お友達になってくださ〜い

江南BL公式HP http://gan-beautylounge.com/
お問合せganbeautylounge@gmail.com
TWITTERINSTALINE

 

カウンセリング会参加ご希望の方・ご質問がある方は
お気軽にご相談ください

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事