Blogブログ

ブログページです。

【ラミチェ皮膚科】肌のコラーゲンを再生するサーマクールFLX♥

たるみの中でも特に目元のたるみ
お悩みの方必見のサーマクールFLXのご紹介です

目元の小じわは老けて見える原因となります
シワは放置しておくと、深くなってしまい改善しにくくなるため、
早めに施術を受けることをお勧めしております

サーマクールFLXとは?

高周波エネルギーを通して肌の中のカコラーゲンを再生します
肌の奥のコラーゲンを再生することによって
肌の弾力、目元及び顔全体のシワを改善する施術です

アメリカFDA、韓国食品医薬品安全庁の許可を受けた
安全性と有効性が検証されている医療機器です

2018年に最新バージョンの第4世代が導入され、
さらに早くて効果的な施術として
リフティングや弾力改善能力を高めています

こんな方におススメ

顎と首が繋がってしまっている方

目元や首のしわが酷い方

全体的な顔の弾力を希望される方

リフティングの早い効果を希望される方

年齢より若く見えたい方

韓国美容整形のお得な情報配信してます

 

ラミチェ皮膚科×江南BLお得な情報が確認できます

江南BLのYOUTUBEも是非CHECK

↓   ↓

 

★関連記事★
【NANA美容外科】すぐに童顔になれるリボンリフティング★
【ウォンジン整形外科】素早く引き上げるLTE Vラインリフト
【ジュエンクリニック】1度でシュッとしたVラインを♡”UtoV注射
【ウォンジン整形外科】たるみ撃退!ミントリフト
【ラミチェ皮膚科】病院のご紹介(*^^*)✧˖°

第4世代サーマクールFLXの特徴

現在サーマクールの機器でも最新バージョンとして
表皮を安全に冷却させ火傷せずに高周波エネルギーを伝えるため、
コラーゲンの再生やシワの改善効果があります

第3世代と比べるとチップの大きさが33%大きくなり、
施術時間の25%ほどが短縮されました
また、自動調節アルゴリズム技術でショットの度に自動トーニングを通して
施術部位別に適切なエネルギーを伝えることができます
上下振動方式で全方向に改善されたため、施術中の痛みも軽減されました

33%大きくなったチップで施術時間が短縮

目元や二重の敏感な部分にも施術可能

ショット毎に自動トーニング

振動が進化して痛み軽減

現在のリフトの中で一番優れた
タイトニング効果&効果を長期間維持

非切開施術のためダウンタイムなしで
施術後すぐに日常生活可能

サーマクールFLXは進化したことにより、
痛みや腫れがほとんどなくすぐに日常生活可能なため気軽に受けれます

韓国のお客様はもちろん、日本のお客様も
サーマクールレーザーを受けてすぐに帰国可能ですよ

コラーゲンが再生される6週間
タンパク質とビタミン、野菜などを十分に摂取
することでより良い効果が見られます

サーマクールFLXの施術情報

施術時間 約30分

麻酔  麻酔クリーム塗布

施術効果 リフティング

当日洗顔 可能

赤みや痛み なし

ダウンタイム すぐに日常生活可能

Before&After

<Before>

<After>

<Before>

<After>

ラミチェ皮膚科の医療陣チーム


1対1の個別ルームで施行した施術を通して安らぎ提供しています
450坪の規模で約60名の医療チームによって
お客様に安らぎの為に最善を尽くしている皮膚科です

肌のメンテナンスはラミチェ皮膚科で決まりです

江南ビューティーラウンジについて

弊社では
現地ソウルに在留する日本人スタッフが
皆様の韓国美容に関する様々なお手伝いをさせて頂きます

病院の紹介、案内、日本での韓国の病院のカウンセリング会の企画
韓国の病院のコンサルティング・マーケティング業務などを行なっています

弊社では高い韓国の美容技術を
日本のお客様に安心してご利用いただくための
サポートやアドバイスをさせて頂いております

「初めての海外で心配」
「言葉の問題が心配」
「外国人慣れしてないので心配」
「病院の情報がなくて心配」

そのようなお悩みを解決するために我々の日本人スタッフが駐在しております

江南BL
韓国保健福祉部の外国人患者誘致医療機関の認定を受けております

ご質問のある方
LINE@、Mailなどお気軽にお問い合わせください

LINE@:@gb-lounge
↑↑↑↑
「江南ビューティーラウンジ LINE@」だけのスペシャルな情報も毎月配信されています
是非お友達になってくださ〜い

お問合せganbeautylounge@gmail.com
TWITTERINSTALINE

カウンセリング会参加ご希望の方・ご質問がある方は
お気軽にご相談ください

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事